赤ちゃんの卵アレルギー

赤ちゃんの卵アレルギー

卵

私の息子も6ヶ月の時に湿疹がなかなか治らない為、アレルギー検査をしたところ卵アレルギーと診断されました。

 

卵アレルギーのほとんどの子は、卵は卵でも卵白アレルギーのようです。

 

しかし卵白だけ食べないということは、なかなか難しいです。

 

 

私は母乳だったため、私が卵を食べれば母乳から出てしまうので、私自身が卵の摂取に気をつけました。

 

「卵だけ食べなければいい」と思いがちですが、卵が含まれる食品全てを避けなければなりません。

 

 

お菓子、パン、練り物、麺などは、卵がほとんど入っています。

 

買い物へ行っても品質表示を見て、卵が入っていないか確認しなければいけませんでした。

 

私が食べてしまえば、子供に湿疹が出てしまい、痒がるので控えるしかないのです。

 

 

うちの子はそんなにひどくない卵アレルギーでしたが、ひどい子はその分症状もひどく、

 

湿疹だけではなく、呼吸困難、アナフィラキシーショックなどの危険な状態を引き起こすことも考えられます。

 

 

また予防接種ワクチンには、卵が含まれますので、

 

接種後にアレルギー反応が出る子もいます。

 

インフルエンザのワクチンは、定期的に毎年接種する子もいると思いますし

 

子供の頃は予防接種がいつ、どの予防接種をするかが決められているくらい、何回か打ちますので、

 

卵アレルギーを持っている子が予防接種を受ける際は、先生と相談することをお勧めいたします。

 

 

もし卵を与える時は、卵黄→全卵(少しずつ)の順で与えていきましょう。

 

すぐにボロが出てきたり、痒がるようでしたら病院へ行ってください。

 

 

卵や牛乳のアレルギーの大半の子が、成長と共に良くなっていきます。

 

子供の頃は消化器官が弱い事が原因とも言われておりますので、

 

大きくなりアレルギーがなくなったということは、少なくありません。

 

私の息子も今2歳を過ぎましたが、卵を食べれるようになりました。

 

次のページ:アレルギーの子にも安心なおやつ


スポンサードリンク