離乳食と食べ物のアレルギー

離乳食と食べ物のアレルギー

赤ちゃんにとって危険な食べ物は、結構知らない人も多いようですがこの世にはたくさんあるんです。

 

例えば卵、そば、牛乳、魚介、大豆などのアレルギーが含まれる食品。

 

「昔はアレルギー検査なんてなかったから、何でもあげていた」と私の母は言いますが

 

アレルギーを持つ子には、あげてしまってからでは遅いのです。

 

 

「自分の子に限ってアレルギーがある訳ない」と思いますがアレルギーを持っている子供の母親は、みんなそう思っていたはずです。

 

そば、魚介のアレルギーは、成人になってもアレルギー反応を起こす人が多いようです。

 

私もエビ(生)のアレルギーで食べると、今でも喉がかゆくなってしまうので全く食べれませんが、

 

魚介を全く食べれない人に比べたら、私はまだ幸せな方だと思いました。

 

私も自分の子供がアレルギーと知っていなければ、アレルギーのことを何も知らずに、卵などを普通に離乳食に出していたかもしれません。

 

特に卵やそば、牛乳のアレルギーの子は多いので、離乳食で初めて食べさせる際には

 

慎重にあげるようにして、お子様から目を離さずに様子を見ることが大切です。

 

また何かあってからすぐ対応できるように、初めて食べさせるものは診療時間内に食べさせるようにするといいでしょう。

 

次のページ:赤ちゃんの卵アレルギー

スポンサードリンク