離乳食の冷凍保存期限と解凍方法

離乳食の冷凍保存期限と解凍方法

電子レンジ

離乳食の冷凍保存期間は1週間を目安にして、できるだけ早く食べるようにします。

 

離乳食を冷凍庫で冷凍保存すれば、栄養素はほとんど失われる事はありませんが

 

脂肪の酸化だけは進んでしまうそうですので、

 

少しでも防ぐ為にジップロックなどの密封できる保存袋を使用し、小分けして冷凍する事が重要になってきます。

 

冷凍保存した離乳食の解凍方法としてはいくつかあり、自然解凍・レンジ解凍・熱湯解凍・水(お湯)解凍です。

 

自然解凍

 

冷蔵庫、室温で解凍していきますので、完全に解凍されるまでに時間がかかります。

 

時間がかかる為、生のお肉やお魚は室温では解凍しないようにしましょう。

 

レンジで解凍

 

一番多く使われる解凍方法だと思います。一番早く解凍でき、温かくもなるので一石二鳥です。

 

しかし加熱しすぎると吹きこぼれたり、水分がなくなってしまい、お肉などが硬くなる原因にもなりますので気をつけましょう。

 

熱湯解凍

 

解凍する際に、固めに茹でた野菜を凍ったまま熱湯にいれて、急速に解凍すると味が美味しくなるそうですので、

 

固めの野菜は熱湯解凍をおすすめします。

 

水(お湯)解凍

 

水道水でポリ袋の上から水やお湯をかけて解凍します。

 

熱いお湯で解凍してしまうと、耐熱性でないポリ袋は溶けてしまう場合がありますので注意しましょう。

 

次のページ:離乳食時期の母乳の与え方


スポンサードリンク

離乳食の冷凍保存期限と解凍方法関連ページ

離乳食の保存方法
離乳食の冷凍保存のコツ