離乳食初期メニュー

離乳食初期メニュー【さつまいもがゆ】の作り方

さつまいも

初期でおすすめするのは、基本のおかゆを使ったメニューです。

 

果物ではない甘みを使って食べやすくしましょう。

 

さつまいもがゆの作り方

 

準備する物は10倍がゆとさつまいも、白湯の三つです。

  1. サツマイモを茹でる又はレンジで柔らかくして、熱いうちに裏ごしします。
  2. 裏ごししたサツマイモ(最初は小さじ1程度)を10倍がゆに入れ、混ぜ合わせます。
  3. 必要に応じて白湯を混ぜてあげましょう。

簡単にできますし、さつまいもの甘さが、赤ちゃんにも食べやすくおいしくしてくれます。

 

さつまいもがゆは離乳食を開始してから1ヶ月経って、基本の10倍がゆが上手に食べられるようになってからあげるようにして下さい。

 

また、さつまいももお米と同じ炭水化物ですが、繊維質が多いので最初からたくさんの量のさつまいもを与えてしまうと、

 

赤ちゃんに負担をかけてしまいますから少しずつ与えます。

 

 

さつまいも以外にも人参を裏ごしして、10倍がゆに混ぜても甘みがでて食べやすいと思います。

 

素材そのものに甘みがある食材を加えて、赤ちゃんが食べやすい食事を作りましょう。

 

次のページ:かぼちゃの離乳食の作り方


スポンサードリンク