離乳食でストローを使う時期

離乳食でストローを使う時期

私は中期でストローを教えることをお勧めします。

 

マグでは、初期中期後期の順にニップル、スパウト、トレーニングコップ・ストローのように、

 

徐々にストローへ近づけていくのが一般的のようですが、

 

後期に入る前にでもストローを使えるようにすると、とっても楽になります。

 

おすすめ!

飲み口を替えられるマグシリーズ。飲み口が付け替えられるので便利です。たまひよ限定セット。


テテオ スプーン付きマグカップトレーニングセット

 

 

人それぞれ進め方が違うので、ニップルからストローに教える人や、

 

何もせずにいきなり8ヶ月に入ってストローを教える人もいます。

 

ストローを使えるようになると、外出時も紙パックの飲み物が飲めますし、とても楽になります。

 

 

私は早くストローで飲めると助かるのに、と軽い気持ちで始めてみたのがきっかけです。

 

意外とすぐに飲めるようになり、7ヶ月では完全にマスターしてくれました。

 

 

ストローを教えるコツは、紙パックのお茶等を用意して、飲む時に箱を押してあげると吸わなくてもストローから出てきますよね。

 

それを何度かやってあげると、子供なりに理解してコツをつかんでくれるみたいです。

 

最初は上手く吸えなかったり、加減が分からないので勢いよく吸いすぎてたくさん出てしまったりしますが、

 

ストローは結構すぐにマスターしてしまう子も多いようです。

 

 

私がストローをマスターしてからよく使っていたのは、Nubyのフリップイットボトルです。

 


Nuby インシュレイテッド・フリップイット・ボトル・クリア 270ml (フラワー)

 

違う種類のものを使っていたのですが、持ち運びするだけでかばんの中でこぼれてしまっていたことが多く、困っていました。

 

友達にいいと聞いて購入してからはずっとNubyのフリップイットボトルを使っていました。

 

デザインも可愛くてこぼれにくく、夏や外出時には大活躍でした。

 

私の友達でも同じ物を持ってる子が多く、サイズも小さいのと大きいのとあり、ハンドルがついたタイプもあり大人気でした。

 

次のページ:ベビーフードと手作り離乳食

スポンサードリンク

離乳食でストローを使う時期関連ページ

離乳食でおすすめする食器
ベビーフードと手作り離乳食