現代の子供の食生活

現代の子供の食生活

この前テレビでこんなことがやっていました。

 

現代の子供は、子供一人だけで食べる子が多くなっているようです。

 

それも一人で食べることを、子供が自分の希望で一人で食べたいと言うようです。

 

 

理由としては

 

「一人で好きなテレビが見たいから。」
「一人で静かに食事をしたいから。」

 

など様々な理由でしたが、私には想像もつかない理由ばかりでした。

 

 

私は小さい頃、家族みんなで食卓を囲んで食べることが当たり前でした。

 

でも現代の子は、一人で食べることが当たり前と思ってしまうのでしょうか。

 

 

今は不景気で、両親とも働きに出ている家庭が多く、子供が一人になる時間が増えているのかもしれませんね。

 

この不景気の中で生きていくには、働くことが必要ですし、子ども達がみんなで食卓を囲むには、

 

景気が良くなる事を願うしかないのでしょうか。

 

 

そして、昔よりも今の子に、出っ歯や歯並びの悪い子が多いのは、

 

今はすべての食材においしく食べやすいように加工をしているので、昔のように硬いものを食べなっているそうです。

 

それが、骨格を狭くし、歯並びが悪く出っ歯になる原因を作り出します。

 

 

私は、子供に硬い大豆(節分豆のような硬い豆)や昆布(乾燥)をあげるようにはしていますが、

 

やっぱり基本的に軟らかく栄養が偏った食事が中心になっている気がします。

 

魚、肉、牛乳、野菜をしっかり摂取して、バランスのよい食事をしてください。

 

子供の食事は、離乳食の時から始まっています。

 

栄養を考えてた食事作りを心がけましょう。

 

トップページ

スポンサードリンク