離乳食の準備期

離乳食の準備期

離乳食準備期に大事なことは

  • スプーンの感触に慣れさせること
  • 母乳(ミルク)以外の味に慣れさせること
離乳食の最初に準備するもの
  • 赤ちゃん用のスプーン
  • 麦茶、ほうじ茶
  • 白湯

まずはこれだけで始められます。

 

麦茶やほうじ茶に白湯を入れて味を薄めにします。

 

それをスプーンで口に持っていき、下唇の上にそっと置いてあげて下さい。

 

 

自分の舌で飲もうするのですが、ほとんどの子がお母さんの乳や哺乳瓶と感触や味が違うので変な顔をしますし、

 

ビックリして吐き出してしまう子も少なくありません。

 

 

赤ちゃんにとっては初めての体験になりますので、最初はうまく飲めないのが当たり前です。

 

上手に飲んでくれないと心配する必要はありません。

 

日に日に上手に飲めるようになりますし、味も分かるようになります。

 

 

準備期で一番重要なことは、赤ちゃんがスプーンを口に触れるだけで嫌がったりする時は、無理してあげないようにすることです。

 

また流し込むようにして飲ませようと、口の奥に無理やり入れたりするのは絶対やめてください。

 

嫌がる時は焦らずに、自分から進んで口を開けるようになるまで様子を見ながら違う日に試すようにして下さい。

 

次のページ:離乳食でおすすめする食器

スポンサードリンク

離乳食の準備期関連ページ

離乳食はいつから開始する?